消費者金融で借り入れをする際に知っておきたい基礎知識など

消費者金融の上手な借り方とは

消費者金融の上手な借り方とは

消費者金融の利用者は、日本国民全体の10人に一人の割合といわれています。
しかし、改正貸金業法で大幅に金利が下がったとはいえ、
未だに消費者金融の金利は高い割合になっていますので、
約定通りの返済を続けていられる人の数は限られてしまいます。

消費者金融の返済方式は、毎月最低限の支払いをしている限り、
限度額の範囲内で自由に借り入れや返済が出来る
スライドリボルビング方式になっていますので、
きちんと返済計画を立てて繰り上げ償還ができる人と、
最低額の返済だけで限度額一杯まで借り入れを
繰り返す人との間に大きな差が生じてきます。

本来は一括弁済が基本

消費者金融の金利は借入額によって異なってきますが、
多くの人が利用している10万円~100万円の借入額だと、
年18%が上限となっています。仮に最低金額だけ返済をしていてると、
6年後には利息が元本とほぼ同額になってしまう計算です。

消費者金融の上手な借り方とは、この高金利であるというデメリットを極力排して、
消費者金融ならではのメリットを活用する点にあります。

元々、消費者金融のキャッシングは一括弁済が基本でしたので、
少額ずつ長期にわたって返済するという考えは持たない借り方のほうが理にかなっています。
現在の有名キャッシングサービスは勿論分割の返済が可能です。

審査が通りやすい(あくまでも他と比較した場合)

消費者金融のメリットとしては、安定した収入があれば比較的審査が通りやすく
融資スピードも速いこと、提携atmが多く、
すぐに現金を引き出せることなどが挙げられます。
ただしコンビニATMなどは消費者金融によって提携しているコンビニが異なったりします。
自分のよく利用するコンビニでないとあまり意味がないので、消費者金融の情報を口コミや掲示板などで探すと良いと思います。

そのため、手持ちの現金がないときなどに一旦消費者金融を利用して、
現金が入ったらすぐに返すといった借り方をすれば、
金利もそれほど多く払わずに済みますし、キャッシュカード代わりに使えて便利です。

なお、消費者金融のキャッシングは完済してもそのまま契約自体は継続していますので、
新たな借入れをする時に再度審査を受ける必要はありません。
従って、上記のような借り方を何度も繰り返すことが可能になっています。
借金であることを自覚して、上手に利用しましょう。

短期間の借入(1か月以内)であれば低金利よりも

利用目的が数日後に返済するあてがあるが手持ちがない。というパターンの
場合、低金利を利用しても得しません。数万円で30日以内の利息の差は微々たる
物だからです。こういったケースは低金利を探すよりも無利息で借りたほうが圧倒的に
有利と言えます。

長期借入の場合は差が出ますので金利は低ければ低いほど良いです。
無利息サービス自体も当然年間通して無利息といったことはまずやりません。
長くても1~2カ月が限度でしょう。所謂、お試し期間の様な形で無利息を
やっている消費者金融もあるので状況とタイミングが合った場合のみ無利息を
利用するというのが上手な使い方と言えます。

メイン メニュー

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の上手な借り方とは ALL RIGHTS RESERVED.